今日は休みで予定通り専コン改造

    どこまでやったけか?
    あー整流用ダイオードを付けて、ケースに戻したとこまでか

    の続きから

    戻したけどスタートとセレクトボタンの配線
    スタートセレクト基板削り
    見難いですが削ってます
    黒いスイッチ部の右側を少しだけ、ここに別にリード線を半田で繋げる
    スタートセレクト配線後
    こんな感じ

    ステートセレクトGND
    このGNDは繋げなくても良いように見えますが、反対側の基板のGNDに繋がってます。これをしないと1Pがだけしかスタートセレクトが使えない
    鍵盤用GND
    鍵盤用のGNDも端子に繋げておく

    鍵盤用の端子の1P2Pを平型端子で圧着
    基板はめ込み
    GND配線蓋
    GNDを配線
    ケースにセットビス止めして、蓋をして完了
    これで鍵盤のみの改造はほぼ終了
    LEDはあとで制作配線もね

    本体穴あけ
    ガッツリ穴あけこれくらい開けないとデフォ状態にならない
    基板完成表
    基板完成裏
    デフォ状態とはこういう意味で
    まぁ後で伸ばすかもしれないけど
    デフォでは鍵盤と皿の位置が近い2cm位?(手を開いてまぁまぁ届くからおかしいアケコンではやっと)
    固定はしてません
    皿の基板もまだ付けてないしさ恰好だけ

    続きにLED制作

    LEDが無いと話にならないので

    作ることもないのでしょう

    配線が汚しくなるのが嫌なので、LEDの中に抵抗と整流用ダイオードを組み込んでしまおう と

    抵抗には極性が無いのでどちらに向けてもおk
    整流用ダイオード、発光ダイオード(LED)には極性があるので間違わないように注意
    整流用ダイオードの極性見分け方は端子に帯がある方がマイナス側逆がプラス側
    LEDの見分け方はLEDから伸びている線の長い方がプラス側短い方がマイナス側

    LEDに対して抵抗・整流用ダイオードは+側-側どちらでも良い、が、極性に注意
    LED制作1
    私はこんな感じで繋げてみた
    写メ画面左側が+右側が-

    T10ソケットに入れ込むのでギリギリまで詰めて接続
    フレックスがあると半田での接続が楽

    一応、熱収縮ゴムでカバーしておく
    LED制作3
    T10ソケット画像
    T10ソケット1
    T10ソケット2上から
    小さい穴が開いてるのでそこに組んだLEDを通して、線を折り曲げる
    LED制作4
    余った線は切る
    切って余った線は5鍵のアスキーコンの基板に使うので少し取っておこうかな?
    今回使ったT10ソケットは+側だけ分かるように目印が付いているのでこれも極性に注意
    別にどちらに向けてもいいが目印を見て鍵盤に取り付ける時に混乱するのでやはり、合わせておくのが吉

    これでLEDは完成なんだけど
    ボタンを押す衝撃があるのでグルーガンで隙間を埋める
    ホットボンドは電気用のが良いに決まってるが、熱収縮ゴムを付けているのでまぁ大丈夫でしょう

    を7回繰り返す
    まぁ7個作るんだよ

    作ったら一応点灯試験

    LEDt点灯試験1
    電気流しただけ
    LED点灯試験2
    マイクロスイッチを通しての点灯試験

    一応完成LED
    完成LED1
    完成LED2

    今回白鍵盤を白、黒鍵盤を青としました
    完成画像でも色の判別は付くようにしてある(完全に埋めてるのが白以外が青)
    そのうち赤も作る予定なのでいい方法を考えよう
    シール等というのもあるけど鍵盤を押すときに引っかかるといけないしねぇどうしよう

    もう少し低く作らないと鍵盤が綺麗に光らないっぽい かな?
    これも高さぎりぎりだしね

    LEDを交換する時に配線を替えるのか、LEDの中を替えるのかどっちが良いかが、
    LED作るか作らないかになってくるんだろうな
    全く同じLEDの特性なら問題ないから配線が楽なのかもしれない

    LEDの色を替えるとなる特性も変わってくるし

    どっちもどっちとは思うけどね

    後は電源の配線だけ

    USBは規格上5V500mAなので
    恐らく大丈夫だろう(希望的予想)
    20mAを7個でしょ何とかなるはず、ただPS2がUSB1だったらどうだろう

    ACアダプター買うとなったらCRDの方が良いだよね
    スポンサーサイト





    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks