では続き

    USBの電源を取るためUSB線を途中で切ります
    線が赤・黒・白・緑の4本ありそのうち赤と黒を使います
    白と緑はほかの線と接触しないようにカットしておきましょう
    USBのメスがあればそれを使って脱着式にしてもいいかも

    USB線2pコネクタ接続
    USB線を稼ぎたいので専コン内部を通す線を追加して2Pコネクタを接続
    1P2Pで遊ぶのでこの手間がいる(側固定なら直接LEDに接続)

    コネクタ線
    高割れの2Pコネクタの+線に7本繋げる(赤色)
    黒はGNDです。マイクロスイッチのGNDが一本しかないのでLED用と基板用とを圧着接続

    全配線様子
    全配線様子2
    配線拡大
    こんな感じで配線をする

    電源-LED \             電気用GND
             マイクロスイッチ<
    基板シグナル/            基板用GND

    本体電源を通す
    本体に3mmの穴をあけてUSB線を通す

    グルーガンで固定
    本体LED線コネクタ部
    こっちも


    鍵盤が出っ張ってるので足を追加して組む

    完成
    続きにその写メなど
    写メ

    足付け1
    完成後裏面
    足付け2
    足を付けた高さは3cm
    スイッチの端子までが2.5cmなので若干余裕をもって
    木枠で囲ってもいい
    本渓鍵盤はめ込み
    鍵盤側裏アップ
    完成鍵盤
    鍵盤アップ

    完成全体
    全体
    コントローラ線USB電源線
    LED線とコントローラ線

    足はスペーサーとナベネジナット・ワッシャでサイズはM8
    スペーサーは20mm
    ナベネジは長さ40mm
    で6か所
    ナベネジなのはボルトでは接地面積が小さく不安定かな?と思ったからです
    M8のナベネジとM10ボルトは同党の接地面積

    補足でもまた書こうかな?

    纏めよう
    スポンサーサイト





    コメント

      コメントの投稿

      (コメントの編集・削除時に必要)


      トラックバック

      Trackback URL
      Trackbacks